通学免許と合宿免許

免許を取得するには、多くの場合教習所に通い学科や実技の講習を受け、仮免許や卒業試験に合格してから免許センターで学科試験を受ける必要があります。教習所に通わない一発試験もありますが、そのケースはほとんどありません。教習所に通う場合は、通学が合宿を選択することになります。

通学免許の場合、自宅や学校、勤務先などの近隣の教習所に通い講習を受けます。通常1~3カ月程度の期間をかけて、自分の都合の良い日時に必要な講習を受けることになります。忙しい人は長期間かけて取得することも可能ですが、期間には期限があるので注意が必要です。

合宿免許では、教習所の近隣にあるホテルなどの宿泊施設に宿泊しながら、短期間で集中して講習を受けながら必要な知識や技術を学びます。スケジュールにもよりますが、2週間前後で卒業することができます。まれに合宿期間中でも自宅に帰宅できる教習所もあります。

通学と合宿では違う部分が多いですが、共通する点もあります。どちらを選んでも講習の内容は同じで、必要なコマ数も同じです。また卒業後の手続きや試験内容も共通しています。合宿免許の方が簡単と言われることもありますがそれは誤りで、どちらも難易度は同じです。卒業するまでの過程は違いますが、どちらを選んでも免許取得後に影響はありません。では通学と合宿それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。教習方法を選択する際に参考にできる、それぞれの特徴を説明します。