合宿免許の特徴

合宿免許は、教習所が用意した施設に宿泊しながら教習所に通う方法です。1日にたくさんの講習を受けることができるため、短期間で卒業できることが特徴です。2週間程度で卒業できるため、学生やまとまった休みが取れる人がよく利用しています。託児所がある教習所もあるので、シングルマザーにもおすすめです。費用が安いという特徴もあり、通学免許の場合30万前後かかりますが合宿免許では20万程度が一般的です。

関連サイト
合宿免許紹介サイト – 合宿免許.com

合宿といっても団体で申し込むだけでなく、一人で参加することもできます。近くがリゾート地の場合は観光を兼ねていることもあり、講習が休みの日や空いた時間に遊びに行くこともできます。友達と一緒に旅行を兼ねて参加したり、教習所で一緒になった人と仲良くなるという楽しみもあります。

時間割は教習所があらかじめ決めていますが、その通りにうまく進行しなかった場合はデメリットがあります。費用が安いとはいえ、試験に落ちてしまった場合には追加料金を払って講習や試験を受ける必要があります。予定通りの日数で卒業できなければ、宿泊費も追加されるので、予想よりも高額になることもあります。追加料金がかからない教習所もあるので、きちんと確認をしましょう。また日程が超過することを想定して、休暇には余裕をもっておいたほうがいいでしょう。